マイホーム購入時には耐震性能をしっかりと確認しよう!

住まいに関するお話し

石田 理恵

筆者 石田 理恵

不動産キャリア22年

5月にラスベガス・ハワイに行ってきました!
物価高で何食べてもたかーーーーーい!
日本が一番だと痛感しましたwww
人生も折り返し、仕事もプライベートも充実させて心を常に楽しくしていたいです!

一生懸命働いて、お客様に喜んでいただいて気持ちよく行きたいですね!まずは健康第一!無理はしない!だからお客様にも無理させない!素のまま営業で笑  よろしくお願いします♪

マイホーム購入は、ワクワクする人生の一大イベント。

 

一生に一度あるかどうかだからこそ、イザというときのことは考えておきたいポイントです。

 

特に気をつけるべき内容は、耐震性能についてです。

 

マイホーム購入時に考えるべき、物件の耐震性能について、基本知識と注意点をまとめました。


マイホーム購入時に確認する耐震性能


マイホーム購入時は耐震基準をチェック

 

マイホームの耐震性能を考える上で、重要な項目は「耐震基準」です。

 

これまで、日本では大きな地震が起きるたびに、耐震基準が改正されてきました。

 

これから新築マイホームを購入するなら、当然最新の耐震基準に適合していなくてはいけないので問題ありませんが、気をつけるべきなのは中古物件を購入する場合です。

 

耐震基準は大きく、「旧耐震基準」と「新耐震基準」に分類されます。

 

旧耐震基準とは、おおむね「震度5程度の地震に耐える」ことを想定したものなので、物件は脆弱です。

 

1978年の宮城県沖地震により多くの建物が被害を受けたため、1981年6月から耐震基準が「新耐震基準」に修正されました。

 

これは、震度6強~7程度の大地震でも、すぐに倒壊しない壊れ方をする基準とされています。

 

つまり、1981年6月より以前に建ったマンションや家を購入する場合は、耐震基準の確認が重要なのです。

 

さらに、耐震基準は2000年、2006年にも修正されています。

 

そのため、マイホームを購入するなら2006年以降に建てられたものが安心度は高いと言えます。

 

マイホーム購入時に確認すべき耐震性能のポイント

 

マイホームを購入するとき、耐震性能に関して確認すべき最初のポイントは、前章で紹介したどの耐震基準が適用されているか、です。

 

しかし、旧耐震基準の物件はすべて安全性が低いわけではありませんし、新しいから安心でもありません。

 

そこで確認したいポイントが、建物の耐震性能のランク、「耐震等級」です。

 

2000年10月にはじまった住宅性能表示制度により、「住宅性能評価書」が作成され、建物の耐震性が1~3までの等級で評価されるようになりました。

 

すべての物件でおこなわれているわけではありませんが、中古物件を購入する際には確認するとよいでしょう。

 

旧耐震基準の物件を購入するなど、不安がある場合は、「耐震診断士」による「耐震診断」を受け、建物の耐震性をチェックするのがおすすめです。

 

費用は15万円程度かかりますが、自治体の補助を受けられる場合もあります。

 

まとめ

 

地震は日本に住む限り、いつ発生するかわからない災害です。

 

大きな買い物であるマイホーム購入の際には、災害に強い家づくりについてもよく調べて、対策をおこなうようにしてください。


神奈川県厚木市で一戸建てを購入するなら、LIXIL不動産ショップ フィールドホームズまでぜひご相談下さい。

”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • 不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法の画像

    不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法

    住まいに関するお話し

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

もっと見る