【一戸建て】相模原市中央区,募集中の一覧

136件(会員物件 17件)

相模原市中央区

変更
新築・中古
価格
築年数
面積
間取り
駅・バス停からの時間
情報公開日
画像・動画あり
条件

該当物件は

136

神奈川県相模原市中央区近辺の画像

神奈川県相模原市中央区エリア情報
相模原市は、神奈川県内では横浜市、川崎市についで第3位の人口規模を擁する。2007年3月11日の2町の編入合併により人口は70万人を超え、全国の市で第18位である。相模原市が市制施行されたのは1954年(昭和29年)だが、戦後に純粋に市制施行された都市の中では最も人口が多い(さいたま市、北九州市が誕生したのは戦後だが、これら2市は複数の自治体の新設合併により誕生した都市であり、合併時に戦前に市制施行された都市が含まれる)。2010年3月末までの政令指定都市移行と、首都圏サミットへの参加を目指していたが、2009年10月2日に原口一博総務大臣が必要な作業に入るよう指示し、その後、10月23日の閣議で相模原市を2010年4月1日を以て政令指定都市に昇格させることが決定された。非道府県庁所在地では5番目、戦後に市制施行された都市では初の政令指定都市の誕生となり、2009年4月1日に移行した岡山市に次ぐ19番目の政令指定都市(緑区・中央区・南区の3区制)へ移行した。これにより、神奈川県は全国で唯一の3つの政令指定都市を持つ都道府県となる。

経済面や鉄道・道路などの地理上、県内他市よりも東京都、特に多摩地域とのつながりが強い。また、首都圏南西部の核として国から位置づけられている(首都圏業務核都市指定都市)。市では首都圏南西部をリードする広域交流拠点都市となるべく、「さがみはら新都心」の形成を目指している。しかし、東京都心まで電車で35-40分程度(相模大野より小田急小田原線の快速急行あるいは橋本より京王相模原線経由京王線の特急の場合)であり、産業構造の転換により大型工場の撤退が相次いだことで、ベッドタウンとしての面が一層強まっており、業務機能の集中は弱いのが現状である。そのため、中心市街地法で都市核が複数(橋本・相模大野)認められている都市である。当市以外で複数の都市核が認められているのは静岡市、北九州市、熊本市の3市のみである。


面積
328.66km²


総人口
271,873人
(推計人口、2018年10月1日)

人口密度
7,374人/km2


隣接自治体
座間市、大和市、厚木市、
愛甲郡愛川町、清川村、
足柄上郡山北町
東京都:町田市、八王子市、
西多摩郡檜原村
山梨県:上野原市、南都留郡道志村

市の木
ケヤキ

市の花
アジサイ

他のシンボル
市の鳥:ヒバリ
市の色:緑
市の歌:相模原市民の歌(1958年制定)

幼稚園
あかね幼稚園
小山白ゆり幼稚園
相模栄光幼稚園
相模白ゆり幼稚園
相模つばさ幼稚園
清心幼稚園
たけのうち幼稚園
弥生幼稚園
田名幼稚園
中央幼稚園
虹ヶ丘幼稚園
淵野辺ひばり幼稚園
星が丘幼稚園
みずほ幼稚園
よこやま幼稚園



小学校
青葉小学校
大野北小学校
小山小学校
上溝小学校
共和小学校
向陽小学校
新宿小学校
清新小学校
田名小学校
田名北小学校
中央小学校
並木小学校
光が丘小学校
富士見小学校
淵野辺小学校
淵野辺東小学校
星が丘小学校
弥栄小学校
陽光台小学校
横山小学校
LCA国際小学校



中学校
大野北中学校
小山中学校
上溝中学校
上溝南中学校
共和中学校
清新中学校
田名中学校
中央中学校
緑が丘中学校
弥栄中学校
由野台中学校