部屋に間仕切りを作るリフォーム方法は可動式がおすすめ

住まいに関するお話し

石田 理恵

筆者 石田 理恵

不動産キャリア22年

2月にオーストラリア(ケアンズ)に行ってきました!
この時期に旅行へ行くことがありませんが思い切って行ってしましました笑
人生も折り返し、仕事もプライベートも充実させて心を常に楽しくしていたいです!

次の旅行も企画してしまったので一生懸命働いて、お客様に喜んでいただいて気持ちよく行きたいですね!まずは健康第一!無理はしない!だからお客様にも無理させない!素のまま営業で笑  よろしくお願いします♪

中古マンションを購入して、広々とした空間もいいけど、もっと効率よく部屋を使いたいと感じる人もいるでしょう。

 

そんな時におすすめなのが、部屋をリフォームする方法です。

 

見た目が綺麗なだけでなく、使い心地もいいリフォームを希望する場合は、可動式がいいでしょう。

 

今回は、部屋の間仕切りを作る可動式のリフォームの方法をメリットとポイントを含めながらご紹介します。


部屋の間仕切りのリフォーム方法①アコーディオンカーテン


部屋の間切りリフォーム


まず、一つ目はアコーディオンカーテンです。

 

こちらのリフォーム方法のメリットは、見た目にある程度こだわることができることです。

 

最近は、天井にパイプを取り付けてレールを設置し、カーテンを付けるタイプが人気です。

 

また、自分で取り付けることができるのも人気のポイントだと言えます。

 

業者に依頼せずに、できるだけ自分の力で部屋の間仕切りのリフォームを行いたい人にもおすすめです。


部屋の間仕切りのリフォーム方法②ガラス戸


ある程度費用はかかってもいいから、部屋の間仕切りのリフォームは可動式のガラス戸にしたいという人もいるでしょう。

 

ガラス戸は、種類にもよりますがデザインがおしゃれなものが多いです。

 

透明ガラスを選べば、部屋を広く見せる効果にもつながり、部屋の間仕切りリフォームをすることで感じる圧迫感も軽減されるので、見た目にこだわる人にはおすすめです。


部屋の間仕切りのリフォーム方法③引き戸


間仕切りリフォームでよく見かけるのが、こちらの引き戸を使った方法です。

 

アルミや木製などの引き戸を2枚から3枚くらい使って、間仕切りたいスペースに設置します。

 

リビングとダイニング、あるいはリビングと寝室を分けたいという時にも取り入れるケースも多く、中には値段も手頃で防音効果を期待できるタイプもあります。

 

部屋の間仕切りを作ることで隙間もできにくく、よく取り入れられるリフォーム方法として選ばれています。


まとめ


今回は、中古マンションを購入した後に部屋の間仕切りのリフォームを検討している人に向けてリフォーム方法をいくつかご紹介しました。

 

部屋の間仕切りをすることにあたり、どんな仕上がりを期待するのかによっても選ぶ方法は違ってきます。

 

また、インテリアに合ったリフォーム方法を選ぶことも同じ家に長く暮らすためには大切なことです。

 

可動式のリフォーム方法も1つの選択肢に入れながら、希望に沿った部屋の間仕切りのリフォームを実現させましょう。

 

私たちLIXIL不動産ショップ フィールドホームズでは、神奈川県厚木市戸建て物件を多数ご用意しております。

 

もし気になった不動産が見つかりましたら、ご気軽にご相談ください

”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 秦野市下大槻に移転して1年の画像

    秦野市下大槻に移転して1年

    住まいに関するお話し

もっと見る