新築一戸建ての窓に雨戸は必要?雨戸のメリットデメリットとは?の画像

新築一戸建ての窓に雨戸は必要?雨戸のメリットデメリットとは?

住まいに関するお話し

雨戸とは窓の外側に設置されている雨風を避けるためのもので、日本の住宅では昔から設置されています。

 

新築一戸建てを建てるとき、雨戸をつけるか迷われる方も多いですよね。

 

今回は新築一戸建ての購入を検討されている方に向けて、雨戸の必要性とメリットデメリットをご紹介します。

 

どんな役割がある?新築一戸建てに雨戸を設置する必要性

 

新築一戸建ての窓に雨戸は必要?雨戸のメリットデメリットとは?

 

雨戸は暴雨や暴風から窓を守る役割を持っていて、近年の住宅では窓シャッターが多く採用されています。

 

近年多く採用されている窓シャッタータイプ以外にも、折戸タイプや引き戸タイプがあります。

 

さらに窓シャッタータイプには、手動式と電動式があります。

 

雨戸は雨風を避けるだけではなく、防犯対策にもなります。

 

ガラスを割って侵入してくる空き巣などには、雨戸があることで未然に犯罪を防ぐ効果があります。

 

シャッタータイプの雨戸は金属製で、内側から鍵がかけられるタイプもあるので、普通の窓よりも防犯性が高くなります。

 

外泊など長期で家を開けるときも、雨戸を閉めていれば安心ですね。

 

マンションなどと異なり、一戸建ては窓から侵入しやすいので、防犯面から見ても雨戸の必要性は高いです。

 

また雨戸を閉めていると外気温の影響を和らげることができるので、夏の暑さや冬の寒さにも効果があります。

 

新築一戸建てを建てる土地が防火地域・準防火地域の場合は、延焼防止のために防火性能のある雨戸を設置する必要があります。

 

どんな役割がある?新築一戸建ての雨戸を設置するメリットデメリット

 

次に新築一戸建ての窓に雨戸を設置する、メリットデメリットをご紹介します。

 

まずメリットですが、先ほどご紹介したように雨風などへの備えや防寒性、断熱性、防犯性の向上などがあります。

 

近年は大型台風も増えているので、台風で飛んできたものが窓にあたって窓ガラスが割れることも考えられます。

 

窓に雨戸がついていれば、ものの飛来が心配な台風のときも安心ですね。

 

デメリットとしては、雨戸を設置するコストがかかる点があります。

 

特に電動式のシャッターなどは価格が高く、手動と比較して故障の心配もあります。

 

雨戸をつけることで外観のデザイン性が下がることも、デメリットの一つです。

 

また毎日の雨戸の開け閉めが手間と感じる方も、雨戸を導入するメリットは少ないかもしれません。

 

まとめ

 

今回は新築一戸建て購入を検討されている方に向けて、雨戸の必要性とメリットデメリットをご紹介しました。

 

雨戸にはさまざまな性能があり、特に集中豪雨や大型台風などの災害が多い日本では必要性が高い住宅設備です。

 

新築一戸建てを購入するときは、雨戸のメリットデメリットを把握して設置を検討してみましょう。

 

私たちLIXIL不動産ショップ フィールドホームズは、厚木市の不動産情報を主に取り扱っております。

 

厚木市にお引越しを検討されている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 秦野市下大槻に移転して1年の画像

    秦野市下大槻に移転して1年

    住まいに関するお話し

もっと見る