秦野市 不動産|フィールドホームズ株式会社 > LIXIL不動産ショップ フィールドホームズのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て住宅におすすめ!新しい設備・ウォークスルークローゼットとは?

一戸建て住宅におすすめ!新しい設備・ウォークスルークローゼットとは?

≪ 前へ|【新登場】秦野市春日町新築戸建て 1号棟   記事一覧   【新価格】秦野市三屋新築戸建て|次へ ≫

一戸建て住宅におすすめ!新しい設備・ウォークスルークローゼットとは?

カテゴリ:住まいに関するお話し

一戸建て住宅におすすめ!新しい設備・ウォークスルークローゼットとは?

人が入れるスペースを備えた「ウォークインクローゼット」とともに、最近注目を集めているのが「ウォークスルークローゼット」です。
収納と動線という2つの効果を実現できるため、マンションや一戸建ての住宅でも取り入れるケースが増えています。
ここではウォークスルークローゼットについて、特徴や設置のポイントを解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

ウォークスルークローゼットとは?その特徴と注目されている理由

ウォークスルークローゼットとは、いわば通り抜けができるクローゼットのことです。
ウォークインクローゼットは入り口が1つであるのに対し、ウォークスルークローゼットには2つの入り口があり、通路として通り抜けることができます。
ショップ風のおしゃれなインテリアを実現できるだけでなく、通路としても実用的に利用できるため、家全体の動線が広がります。
また、ウォークインクローゼットのように空間を遮断しないので、光が入りやすく、自然な明るさを実現できるでしょう。
ただし、通路として十分な幅が必要になるため、広いスペースが必要です。
場合によっては使い勝手が悪くなるので、「ココに通路があったら便利」という視点で配置を考えると良いでしょう。

ウォークスルークローゼットの効果的な使い方

効果的に使うためには、ウォークスルークローゼットでつなぐ2つの部屋がポイントです。
たとえば、寝室と洗面所をつなぐウォークスルークローゼットなら、朝起きてそのまま洗面所へ移動、そして着替えというように効率的な動きを実現できます。
また、玄関とリビングをつなぐ通路として設置すれば、帰宅したらそのままコートをクローゼットにかけておくことができ、外からのホコリや花粉を室内に持ち込みません。
ゴルフバッグや子どものスポーツバッグなどを置くにも便利です。
ほかにも、子ども部屋とリビング、キッチンと洗面所など、バリエーションはさまざまです。
キッチンの近くに配置すればパントリーとしても役立ちます。
家族構成やライフスタイルに合わせて、ウォークスルークローゼットの配置を工夫してみましょう。

まとめ

ウォークスルークローゼットについて解説しました。
リノベーションで採用するご家庭も増えています。
どの部屋の間に設置するかによって機能も大きく変わるので、自由な発想でデザインしてみてください。
LIXIL不動産ショップ フィールドホームズは、神奈川県秦野市周辺で一戸建て物件を取り扱っております。
ご購入を検討の際は、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|【新登場】秦野市春日町新築戸建て 1号棟   記事一覧   【新価格】秦野市三屋新築戸建て|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 仲介手数料無料の仕組み
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 周辺施設検索
  • 当社代表が疑問にお答えします
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • ご成約物件
  • 厚木市の不動産地域コラム
  • Instagram
  • YouTube
  • モバイル
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ フィールドホームズ
    • 〒257-0042
    • 神奈川県秦野市寿町1番5号
    • 0120-85-0251
    • TEL/0463-85-0250
    • FAX/0463-85-0251
    • 神奈川県知事 (3) 第26513号
  • フィールドホームズはいきものがかりを応援しいています
  • アクセスマップ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

小林 瑩瑩 最新記事



小林 瑩瑩

事務を担当しています♡ お客さんからの問い合わせを丁寧に情報が多く回答できますように日々努力しています。 中国語を喋れるのが私の強みです。 家を買うことは人生の大きい買い物ですので、日常生活と違って、不動産の専門用語も多く出てきます。出来る限り中国語で専門用語を説明し、ご理解と満足をして頂けるよう頑張ります。 2015年宅建を取得しましたので、もちろん日本語も全然大丈夫ですよ。 宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る