マイナス金利政策の解除を決定で住宅ローン金利も変化!?の画像

マイナス金利政策の解除を決定で住宅ローン金利も変化!?

ブログ

石田 繁寛

筆者 石田 繁寛

不動産キャリア30年

社内一の不動産キャリア、特に土地から建物の提案には自信がございます。

自社物件仕入れ・販売とPC物件入力を担当しているので
物件相場・未公開物件情報にも明るいです。

マイナス金利政策の解除を決定で住宅ローン金利も変化!?
長く低金利の環境が続いてきたことから、変動型の住宅ローン金利を選んでいる人が多い。
金利が上がらなければ、固定型でローンを組むよりも総返済額は少なくてすむからです。

金利が上昇するとなると、変動型で借りている人たちにとっては返済額が
どのくらい膨らんでしまうのかが気になるところです。

長期固定金利の住宅ローン「フラット35」をみると、
返済期間が21~35年の商品では1.3%ほどだった金利が1.84%まで上がっています。

多くの人に影響がある変動金利は、日本銀行の政策金利(短期金利)に連動します。
長いことマイナス金利が維持されてきた政策金利が解除されました。
短期金利に連動する変動型の住宅ローンを組んでいる人にも影響が出てくることになります。
とはいえ、急激に金利が上がるというよりは、緩やかに上がると予想されます。

変動金利から固定金利に変えるべきか!?

住宅ローン変動金利店頭金利は2.475%から各金融機関は優遇金利(キャンペーン等)により
実質金利を0.3%~0.9%まで引き下げており、フラット35等固定金利との差は1%以上あります。

【4000万円借りた場合の例・35年返済】
〇変動金利0.38%:月々101,726円 総返済額42,725,076円
〇固定金利1.84%:月々129,244円 総返済額54,282,373円
上記のようにその差は月27,518円 総返済額で11,557,297円の差となります。

ご覧のように変動金利と固定金利では利息に大きな差がありますが、中長期的な上昇リスクのある
変動を選ぶか、金利が変わらない固定型を選ぶかは今後の動向も注視しながら選択する必要があります。

フィールドホームズ株式会社では

秦野市周辺の不動産情報を多数取り扱っております。
秦野市周辺にお引越しを検討されている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
電話(Freedial)0120-85-0251
メール:hadano@field-homes.co.jp


”ブログ”おすすめ記事

  • ネット銀行はどんな銀行?ネット銀行で住宅ローンを組むメリットとはの画像

    ネット銀行はどんな銀行?ネット銀行で住宅ローンを組むメリットとは

    ブログ

  • 新年のご挨拶の画像

    新年のご挨拶

    ブログ

  • 年末年始休暇のご案内の画像

    年末年始休暇のご案内

    ブログ

  • 【ご成約御礼】大和市柳橋3丁目 中古戸建ての画像

    【ご成約御礼】大和市柳橋3丁目 中古戸建て

    ブログ

  • 4年ぶりの海外の画像

    4年ぶりの海外

    ブログ

  • ゴールデンウィーク休業のお知らせ   の画像

    ゴールデンウィーク休業のお知らせ

    ブログ

もっと見る