月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

住まいに関するお話し

月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

中古マンションの購入を考えている方で、資金集めのために住宅ローンの申し込みをする方は多くいらっしゃいます。
そういった中でも、月々の返済を月5万円程度に抑えたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回は月5万円の返済で中古マンションの購入が可能なのか、また、借入可能額やその際の注意点などをご紹介いたします。

月5万円で中古マンション購入は可能なのか?

月5万円の返済で住宅ローンは組めないこともありません。
ただし、借入金額が少ないか、それともボーナス払いである程度支払うかのどちらかになります。
もし、都市部等の立地のいいマンションを購入したいのであれば、相当額の頭金を用意するか、ボーナス併用で借入金額を増やすかのどちらかが必要になります。
では、月5万円の返済のみとした場合、借入可能額はどの程度になるのでしょうか。

▼この記事も読まれています
不動産購入時における共有名義のメリットやデメリットを解説

月5万円での借入可能額

月5万円の返済と考えた時に、ローン完済まで15年とすると借り入れ可能金額は、約900万円となります。
15年での完済ではなく、25年で完済と考えると、借り入れ可能金額が増えて約1600万円となります。
中古マンションの場合、35年ローンは減価償却の関係から、余程の条件のいいマンションでないと申込できないので、おおよそ900万円から約1600万円というのが借入可能額です。
都内の中古マンションで物件にこだわりさえなければ物件が見つかりますが、都心部から離れた場所であれば選択肢も増え、購入できる物件も多くなる可能性があるという金額です。
これにボーナス併用を考えることができるのであれば、さらに金額を増やすことができますし、頭金が準備できるのであればまた違った金額となります。

▼この記事も読まれています
建売住宅購入時の諸費用とは?内訳や節約方法も解説!

月5万円で中古マンションを購入する際の注意点

月5万円で中古マンションを購入しようと考える場合、返済が苦にならない年収は、月の収入の25%で計算すると、240万円となります。
ここまでの結果から、年収240万円でも家計の収支に問題がなければマイホームを持つことは可能です。
とはいえ、マイホーム購入には手続きで様々な経費がかかります。
その経費も払う必要があることは忘れてはいけません。
加えて、マンションでは駐車場代や修繕費といったローン返済以外にも払う出費があります。
それらも踏まえた上で、無理のなく生活できる程度でなくてはなりません。

▼この記事も読まれています
新築一戸建ての購入時に必要な登記の種類とは?登記にかかる費用も解説

まとめ

中古マンションを月5万円の返済で購入することは、物件が絞られてしまいますが可能です。
しかし、購入してもその他にかかる費用もあることから、それらを踏まえた上で、無理なく生活できるだけの収入がなくてはいけません。
年収が低いからとマイホームを諦める方も多くいらっしゃいますが、頭金を用意する等、購入に向けて貯金していれば、こだわりさえなければ購入することは可能です。
秦野市の不動産なら仲介手数料無料のLIXIL不動産ショップ フィールドホームズへ。
秦野市にお引越しを検討されている方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。


”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 秦野市下大槻に移転して1年の画像

    秦野市下大槻に移転して1年

    住まいに関するお話し

  • 不動産売却における割賦販売とは?メリットとデメリットも解説の画像

    不動産売却における割賦販売とは?メリットとデメリットも解説

    住まいに関するお話し

もっと見る