アイランドキッチンは使いやすい?おすすめキッチンのメリット・デメリット

住まいに関するお話し

石田 繁寛

筆者 石田 繁寛

不動産キャリア30年

社内一の不動産キャリア、特に土地から建物の提案には自信がございます。

自社物件仕入れ・販売とPC物件入力を担当しているので
物件相場・未公開物件情報にも明るいです。

キッチンには何種類かのタイプがありますが、それぞれのタイプにどういう場面で使いやすいか、どういう場面で使いにくいかなど、様々なメリット・デメリットが存在します。

 

今回は、使いやすいおすすめのキッチンの種類として、アイランドキッチンとセパレート型キッチンを取り上げ、それぞれのメリット・デメリットを説明していきます。

 

使いやすいおすすめキッチンのメリット・デメリット:アイランドキッチンタイプ


アイランドキッチン


まずは、流行りのアイランドキッチンですが、アイランドという名のとおり「島型」のキッチンであることがわかります。

 

つまりは、従来のように壁に向かって設置されておらず、真ん中に独立して作られたキッチンのことをアイランドキッチンと呼びます。

 

部屋に向かってカウンターが備え付けてあるカウンターキッチンも、壁に接しているという意味では、アイランドキッチンではありません。

 

そんなアイランドキッチンの最大のメリットは、とにかく動線の確保がしやすい点にあります。

 

キッチンは基本的には部屋の隅に奥まっていることが多いため、コンロのある立ち位置は行き止まりではないでしょうか。

 

アイランドキッチンの場合には、左右に道が開けていますので、大人数での料理などには非常におすすめです。

 

子どもたちと一緒に料理をするときも、広々としたアイランドキッチンならストレスなく楽しむことができますね。

 

さらに、育児をしている親御さんにとっては、リビングを見渡せる場所で子どもたちを見守りながら家事ができるため、非常におすすめです。

 

一方で、デメリットとしては、真ん中にキッチンがあることで、部屋のスペースを占有しがちであること、油汚れや水跳ねが四方に広がりやすいこと、料理中に視線を感じて集中できない点などが挙げられるでしょう。

 

使いやすいおすすめキッチンのメリット・デメリット:セパレート型キッチンタイプ


続いて、セパレート型キッチンタイプですが、別名「ii型キッチン」や「列型キッチン」と呼ばれ、2本のテーブルに分かれているようなキッチンを指します。

 

片方はグリルと調理台、片方はシンクとカウンターなどの造りです。

 

メリットはアイランドキッチンと同様に動線がとりやすく、大人数で作業ができること、そしてリビングも見渡しやすいことです。

 

さらに、セパレート型にすることで、アイランドキッチンよりも占有スペースが少なくなり、新築などの設計に入れやすいというのも特徴です。

 

一方で、デメリットとしては、シンクで洗ったものを後ろの調理台に運ぶのが手間だったり、シンクとコンロの位置関係によってはかえって不便になってしまったり、体の向きをくるくる変える動作が多くなってしまうことです。

 

まとめ


アイランドキッチンもセパレート型キッチンも、動線確保というメリットは同じですが、それぞれのデメリットが無いわけではありません。

 

自身が何度も出入りをし、生活の多くの時間を過ごす場所でもありますので、各々が使いやすいようなタイプのキッチンを選ぶべきといえるでしょう。


LIXIL不動産ショップ フィールドホームズは、厚木市の不動産情報を多数取り扱っております。

 

厚木市にお引越しを検討されている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • 不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法の画像

    不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法

    住まいに関するお話し

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

もっと見る