一戸建てにホームセキュリティ導入で防犯対策を!

石田 理恵

筆者 石田 理恵

不動産キャリア22年

5月にラスベガス・ハワイに行ってきました!
物価高で何食べてもたかーーーーーい!
日本が一番だと痛感しましたwww
人生も折り返し、仕事もプライベートも充実させて心を常に楽しくしていたいです!

一生懸命働いて、お客様に喜んでいただいて気持ちよく行きたいですね!まずは健康第一!無理はしない!だからお客様にも無理させない!素のまま営業で笑  よろしくお願いします♪

防犯対策と聞いたときに、マンションなどはオートロックや管理人在中などイメージが湧きやすいかと思いますが、一戸建ての場合はどうなのでしょうか。

 

今回は、そんな一戸建ての防犯対策としてのホームセキュリティ導入について、メリットとデメリットを挙げながらご説明していきます。


一戸建ての防犯対策ホームセキュリティー


一戸建てに防犯対策としてホームセキュリティを導入するメリット

 

そもそもホームセキュリティとは、セコムやアルソックなど、有事の際に現地に駆けつけてくれるサービスです。

 

外出の時に警報をセットしておけば、窓やシャッターが開けられた場合に警備員が駆け付けてくれます。

 

実は泥棒対策だけではなく、不審者や火災やガス漏れなどの非常時にも対応してもらえますし、オプションで医療サポートや家事代行サービスがあるなど、総合的な保障を受けられるというのが大きなメリットになります。

 

さらに、サービスは当然のごとく24時間365日で対応しており、場合によっては警察や消防よりも対応が早いこともあるそうです。

 

また、サービス導入の際にはステッカーが貼られますので、「この家はホームセキュリティを導入しているな」という警戒感を犯罪者に与えることもメリットといえるでしょう。


一戸建てに防犯対策としてホームセキュリティを導入するデメリット

 

一方で、一戸建てにホームセキュリティを導入するデメリットは、費用がかかることです。

 

以前は防犯機器の買い取り契約が主流だったこともあり、導入するのはお金に余裕がある家でした。

 

そのため、ステッカーが貼られていることがお金持ちの証拠として、空き巣などのターゲットになることもあったそうです。

 

現在では一般家庭でも加入が可能なレンタル契約があるため、安めの初期費用と月々数千円の支払いで加入が可能ですが、初期費用はかかりますし、センサーをつけたい窓やドアの数、セキュリティの強度によっては高額になる可能性もあります。

 

また、契約に縛りがあることもデメリットでしょう。

 

大抵は5年契約となっており、期間の途中ですと解約金がかかることがほとんどであるため、5年間は支払い続ける必要があることになるのです。

 

まとめ

 

一戸建てにホームセキュリティを導入することで、確かな安心と保障を手に入れることが可能です。

 

しかしながら、一戸建てのローン返済に加えて月々の支払が増えることにもなるため、家計のやり繰りが苦しくなることがないように、本当に必要かどうかも含めて検討することが大切です。


LIXIL不動産ショップ フィールドホームズは、厚木市の不動産情報を多数取り扱っております。

 

厚木市にお引越しを検討されている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。