中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

住まいに関するお話し

中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

中古一戸建てを購入するにあたってかかる費用は、物件の代金だけではありません。
現金で支払わなくてはいけない費用もあるので、事前に把握しておかないと、手持ちの現金が足りなくなるといったことがあるかもしれません。
そこで今回は、購入時にかかる諸費用と、購入後に継続してかかる税金と、住宅ローンに関連する費用について解説いたします。

中古一戸建て購入時に発生する諸費用とは?

まず売買契約書には収入印紙を貼付しなければなりませんが、この収入印紙の代金を「印紙税」と呼びます。
その他に負担しなければなりならない各種税金は、不動産取得税や登録免許税が挙げられます。
所有権の登記の際には司法書士に代行を依頼するケースがほとんどですので、司法書士に支払う報酬も用意します。
さらに不動産会社に支払う仲介手数料も発生します。
これら初期費用は、物件価格のおおよそ6〜9%かかると想定しておきましょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入時における共有名義のメリットやデメリットを解説

住宅そのものにかかる諸費用も想定しておこう

中古一戸建てなど不動産を保有する場合、毎年発生するコストとして固定資産税や都市計画税が挙げられます。
固定資産税評価額に対して固定資産税は標準税率が1.4%、都市計画税は0.3%を上限としてかけられ、毎年1月1日時点の所有者に対して課税されます。
中古住宅を購入した場合、1月1日に決済がおこなわれるということはなく、年の途中で引き渡しが行われるでしょう。
1月1日から引渡し日前までの日割り分は売主、引き渡し日以降の分は買主が税金を負担する形になることが一般的です。
ただし納税するのは売主になるので、買主に自分の負担分を渡してまとめて売主が納税する形になります。

▼この記事も読まれています
建売住宅購入時の諸費用とは?内訳や節約方法も解説!

住宅ローンに関する諸費用も想定しよう

中古一戸建てを購入するにあたって、住宅ローンを利用しようと思っている人もいるでしょう。
この場合、初期費用として住宅ローンに関する諸費用も掛かります。
住宅ローンの借り入れ契約書にも収入印紙が必要なので印紙税や、事務手数料、保証会社の保証を受けるための保証料がかかります。
また、申し込んだローンがフラット35の場合は、購入する物件の調査があり、この調査手数料を負担するのは、ローンを借り入れる人です。
また住宅ローンを組む場合、登記簿に抵当権設定の登記手続きをしなければならず、この登記手続きに伴う手数料も発生します。

▼この記事も読まれています
新築一戸建ての購入時に必要な登記の種類とは?登記にかかる費用も解説

まとめ

中古一戸建てを購入するにあたって、物件価格のほかに初期費用がかかる点は理解しておきましょう。
物件価格によって変わってきますが、何十万円単位のまとまった金額が必要です。
また住宅ローンを組むにあたって、諸費用がかかる点も留意して資金計画を立てましょう。
秦野市の不動産なら仲介手数料無料のLIXIL不動産ショップ フィールドホームズへ。
秦野市にお引越しを検討されている方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。


”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 秦野市下大槻に移転して1年の画像

    秦野市下大槻に移転して1年

    住まいに関するお話し

  • 不動産売却における割賦販売とは?メリットとデメリットも解説の画像

    不動産売却における割賦販売とは?メリットとデメリットも解説

    住まいに関するお話し

もっと見る