一人暮らしにおすすめの分譲マンションの間取りをご紹介!の画像

一人暮らしにおすすめの分譲マンションの間取りをご紹介!

住まいに関するお話し

一人暮らしにおすすめの分譲マンションの間取りをご紹介!

一人暮らしといえば賃貸物件の印象が強いものの、分譲マンションのような持ち家を購入する方も増えています。
間取りを選ぶ際は、自分にどれだけの生活スペースが必要か、将来その物件をどうしたいかを加味したほうが良いです。
今回は、一人暮らしにおすすめの分譲マンションの間取りや価格相場、分譲マンション購入のメリットについてご紹介します。

一人暮らしにおすすめの分譲マンションの間取り

一人暮らしで分譲マンションを購入する場合、金額を抑えるために多少狭い物件でも構わないものの、寝室と居室は分けたい方もいるでしょう。
その場合は、居室1つにリビングとダイニングキッチンがある40~50㎡程度の1LDKの間取りがおすすめです。
仕事や趣味など用途ごとに部屋を分けたい場合や、結婚を視野に入れている場合は2LDKの間取りが良いです。
2LDKは50~70㎡ほどの広さがあるため1人ならばゆったり生活でき、2人になっても余裕のある暮らしが送れます。
本来はファミリー向けの物件ですが、結婚して長く住み続けるつもりがある場合は60~80㎡ほどの3LDKもおすすめです。

▼この記事も読まれています
秦野市で健康診断に対応しているおすすめの医療機関をご紹介

一人暮らしで分譲マンションを購入する際の価格相場

一口に分譲マンションと言っても、価格相場は間取りや立地によって大きく変動します。
間取りやそのほかの条件ばかり追い求めていくと、手が出せない価格になる可能性もあるでしょう。
分譲マンションを購入する際は、年収に対する住宅ローンの返済負担率が25%以内に収まるようにするのが理想です。
返済負担率とは、収入の何%を融資の返済に充てているかを指す数値であり、大きくとも35%までに留めるのが目安となっています。
なお、平均的な一人暮らし向けの分譲マンションの価格は3,000万円前後です。

▼この記事も読まれています
美味しいと地元の人に人気!厚木市のパン屋さんを3つご紹介

一人暮らしで分譲マンションを購入するメリット

分譲マンションを購入するメリットは、一戸建てよりも小規模ながら自己資産にできることです。
賃貸物件はあくまでも他者の所有物であるため、何年借りていても自分のものにはできません。
購入したマンションは自分の所有物になるため、賃貸経営など資産としての活用が可能になります。
また、住宅ローンを組む際に団体信用生命保険に加入するため、万が一のことがあってもローンの返済義務がない不動産をご家族に遺せるのです。
さらに、一般的な賃貸物件のマンションよりも設備が充実しており、セキュリティ面にも期待できます。

▼この記事も読まれています
一戸建て購入時には知っておきたい「固定資産税と築年数の関係」

まとめ

一人暮らしの場合、おすすめの分譲マンションの間取りは1LDKですが、将来のことも考えるなら2LDKや3LDKも選択肢に入ります。
マンションの購入価格帯は、収入に対して無理なくローンを返済できる範囲に留めるのが理想です。
秦野市の不動産なら仲介手数料無料のLIXIL不動産ショップ フィールドホームズへ。
秦野市にお引越しを検討されている方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。


”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • 不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法の画像

    不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法

    住まいに関するお話し

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

もっと見る