家を購入する前に知っておきたいペアローンの特徴とはの画像

家を購入する前に知っておきたいペアローンの特徴とは

住まいに関するお話し

石田 理恵

筆者 石田 理恵

不動産キャリア22年

5月にラスベガス・ハワイに行ってきました!
物価高で何食べてもたかーーーーーい!
日本が一番だと痛感しましたwww
人生も折り返し、仕事もプライベートも充実させて心を常に楽しくしていたいです!

一生懸命働いて、お客様に喜んでいただいて気持ちよく行きたいですね!まずは健康第一!無理はしない!だからお客様にも無理させない!素のまま営業で笑  よろしくお願いします♪

家を購入する前に知っておきたいペアローンの特徴とは

家を購入するときには、基本的に住宅ローンを利用します。
このときに大切になるのが利用できるローンの種類を把握することです。
今回は、家を購入する前に知っておきたいペアローンの特徴とメリットとデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を購入する際に利用できるペアローンの特徴

ペアローンとは、パートナーや同居親族と一緒に住宅ローンを組む方法です。
近年では、共働き世帯が増加しているという背景もあり、広く知られるようになると同時に、利用者も増加傾向にあります。
当然、二人でローンを組むので借入額の増加につながったり、審査に通りやすくなるというのが、大きな特徴です。
ただし、知っておかなければいけないことがあります。
それが、ペアローンはそれぞれが独立したローンだということです。
ペアローンを利用する際は、それぞれが個別に借入額や毎月の返済額を設定します。
つまり、収入だけ合算して、それぞれがローンを組むということです。

家を購入する際にペアローンを利用するメリット

ペアローンを利用して家を購入する大きなメリットは2つ存在します。
それが借入額の増加と住宅ローン控除です。
ペアローンの審査は二人の収入を合算しておこなわれるので、1人でローンを組むよりも、借入額が増える可能性が高まります。
借入額が増えれば、購入できる家の選択肢の幅も広がるので、より理想の家を見つけられる可能性が高まるでしょう。
また、先程も説明したとおり、ぺローンを組むとそれぞれが住宅ローンを組むことになるので、それぞれが住宅ローン控除を受けることができます。
ただし、2人の収入の合計が3,000万円を超えていたり、延床面積が50平米以下の住宅、返済期間が10年未満の場合には対象外です。
上記の条件をクリアしていれば最大で40万円の住宅ローン控除を受けられます。
これも、大きなメリットです。

ペアローンのデメリット

ここからはペアローンのデメリットをご紹介します。
最初にご紹介するデメリットが団信でカバーできる範囲です。
ローンを組むと団信、いわゆる団体信用生命保険に2人とも加入します。
しかし、どちらかが亡くなられた場合に、債務免責されるのは亡くなられた方のローン残債のみとなるのです。
つまり、残った住宅ローンは支払う必要があるということです。
そのため、将来のことも考えての利用が大切になります。
また、費用が2倍かかるのもデメリットです。
ペアローンはそれぞれが独立したローンなので、それぞれに事務手数料や登記費用が発生します。
これは、費用が倍になることを意味するので、注意が必要です。

まとめ

家を購入するときにペアローンを利用すると、借入額の増加や審査にとおりやすくなるメリットがあります。
しかし、事務手数料などの費用が2倍になる点や、団信でカバーされる範囲が住宅ローン全体ではないというデメリットもあります。
選択肢を広げられる点でも人気があるローンですが、利用する前にはメリットとデメリットを理解して慎重に判断していきましょう。
LIXIL不動産ショップ フィールドホームズは、神奈川県秦野市周辺で一戸建て物件を取り扱っております。
ご購入を検討の際は、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • 不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法の画像

    不動産取得税は支払いはいつ?納付書がない・支払えないときの対処法

    住まいに関するお話し

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

もっと見る