再建築不可物件って何?再建築不可の戸建てを購入するメリットデメリットの画像

再建築不可物件って何?再建築不可の戸建てを購入するメリットデメリット

住まいに関するお話し

石田 繁寛

筆者 石田 繁寛

不動産キャリア30年

社内一の不動産キャリア、特に土地から建物の提案には自信がございます。

自社物件仕入れ・販売とPC物件入力を担当しているので
物件相場・未公開物件情報にも明るいです。

再建築不可物件って何?再建築不可の戸建てを購入するメリットデメリット

戸建て物件探しをしているとたまに「再建築不可」という文字を目にすることがありませんか?
相場に対して価格が安いことが多く、一見お得に見える再建築不可物件ですが、古い物件を購入して建て直そうと検討しているなら注意が必要です。
物件探しをする上で、不動産用語をきちんと理解しておくことは大切ですよね。
そこで今回は、再建築不可物件とは何か、そのメリットデメリットについても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

再建築不可物件とは?戸建て購入を検討中なら知っておこう

再建築不可物件とは、文字通り一度取り壊して再度建て直すことができない物件のことです。
再建築の可・不可は建築基準法に基づいており、原則として幅員4m以上の公道に2m以上面していない不動産は再建築不可と定められています。
ただし、例外的に幅員4m未満の道路であってもみなし道路などで認められる場合もあるため事前に確認しておきましょう。
このような公道への接道義務が定められているのは都市計画区域内で、都市計画区域外では原則適用されませんが、別の条例があるなど役場と協議が必要な場合も存在するため注意が必要です。
再建築不可物件は実は意外と多く、便利な都心にもよく見られます。

再建築不可の戸建てを購入するメリットデメリット

メリット

・相場より価格が安く、リノベーションできる
再建築不可物件の最大のメリットは、相場に比べて価格が安いため購入しやすいことです。
取り壊して再建築することはできませんが、リフォームやリノベーションは可能なため、購入費用を安く抑えられる分リノベーション費用にまわすことができます。

・古風な家で暮らしたい人におすすめ
近年、古民家での暮らしに憧れる人も増えていますよね。
再建築不可物件は築年数が古いため、昔ながらの良さは残したままリノベーションすることで、古民家風の暮らしをすることができますよ。

・固定資産税が安い
デメリットゆえのメリットでもありますが、再建築不可物件は固定資産税が安いのもポイントです。

デメリット

・倒壊したら建て直せない
再建築不可物件は、たとえ災害で建物が倒壊してしまったとしても再建築することができません。
そうならないように日頃からメンテナンスに費用がかかることもデメリットです。

・住宅ローンを利用できないことも
再建築不可物件は現金購入のみのケースが多く、住宅ローンを利用できない可能性があります。

まとめ

安さが魅力の戸建ての再建築不可物件ですが、万が一の際にも再建築できないというデメリットもしっかりと把握したうえで購入を検討してくださいね。
LIXIL不動産ショップ フィールドホームズは、秦野市周辺の不動産情報を多数取り扱っております。
秦野市周辺にお引越しを検討されている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”住まいに関するお話し”おすすめ記事

  • アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説の画像

    アスベストとは何?含まれている不動産は売却可能なのかや対策法を解説

    住まいに関するお話し

  • インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!の画像

    インスペクションはいつするべき?断られた場合の対処法も解説!

    住まいに関するお話し

  • 中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説の画像

    中古一戸建て購入時の初期費用は?発生する諸費用を解説

    住まいに関するお話し

  • 月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介の画像

    月5万円で中古マンション購入は可能?借入可能額や注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介の画像

    売れ残りの建売住宅があるのはなぜ?その理由と注意点をご紹介

    住まいに関するお話し

  • 秦野市下大槻に移転して1年の画像

    秦野市下大槻に移転して1年

    住まいに関するお話し

もっと見る