秦野市 不動産|フィールドホームズ株式会社 > (戸建(売買))地域から探す > 横浜市鶴見区の戸建(売買)

横浜市鶴見区 戸建一覧

神奈川県横浜市鶴見区近辺の画像

神奈川県横浜市鶴見区エリア情報
鶴見区は、横浜市の最東端に位置し、東京湾に面する[2]。北は川崎市の川崎区・幸区に接し、西は横浜市の港北区・神奈川区に接し、南端部の大黒埠頭から横浜ベイブリッジで同市中区につながる。鶴見川が区内を南に蛇行して流れ、東京湾に注ぐ。北東部は鶴見川と多摩川に挟まれた平地(川のまち)で、北西部は下末吉台地の東端から続く丘陵地(丘のまち)。湾岸部は埋立地が広がり、市境は京浜運河を越えて扇島で東京湾に接する(海のまち)。中心市街地は東部(川崎市寄り)に位置する鶴見駅周辺地区で川崎市川崎区・幸区との結びつきが強い。鶴見駅前は横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)に指定されている[3][4]。区内北西部には自然が残り、獅子ケ谷市民の森、神奈川県立三ツ池公園などがある。

「鶴見」の名は、鎌倉時代から現れ、源頼朝がここで鶴を放ったことから命名されたという伝説もある。また一説には、「ツル」は鶴とは関わりなく「水路や河川の周辺地」を意味し、「ミ」は「周り・巡り」を意味する語で、合わせて「ツルミ」は蛇行する鶴見川の地形を表すとされる[2]。

2012年(平成24年)5月1日現在、人口は275,592人(推計)で市内18区中第3位、区内に住所を定めている世帯の数は126,757世帯で港北区に次いで第2位となっている[5]。また、2010年(平成22年)3月31日現在、区の戸籍数(本籍)は98,753戸籍で、18区中第1位となっている[2]。

2010年(平成22年)1月1日現在、区の平均年齢は42.40歳(男41.49歳、女43.38歳)で、横浜市の平均年齢43.12歳(男42.06歳 女44.18歳)よりやや低い[2]。2012年(平成24年)4月30日現在、区の外国人登録者数は9,670人で、区の人口に占める割合は約3.6%(市全体では約2.1%)[2]。国籍別に見ると中国、韓国・朝鮮、ブラジル、フィリピンの順に多く[6]、市全体と比べるとブラジルの構成比が大きいのが特徴である[2](市全体に登録するブラジル国籍住民の約44.2%が鶴見区在住[6])。

区の2009年度(平成21年度)の市税収入は、約650億円で、市全体収入の9.10%を占め、市内では神奈川区、中区、西区に次いで、18区中4番目となっている[2]。

選択中の検索条件

≫さらに細かいエリアに絞って見る。

地域
横浜市鶴見区
価格
下限なし~上限なし
面積
下限なし~上限なし
築年数
指定しない
駅徒歩
指定しない
間取り
指定なし
設備条件
指定なし
  • この条件の物件を問い合わせる
  • この条件で地域を変更
  • この条件で沿線から検索

ご希望の条件の物件は見つかりませんでした。下記よりご希望の条件のリクエストをください。

物件リクエスト申込み

検索条件の絞り込み

新着物件

トップへ戻る